スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第66回 日本ダービー(1999年)

2010年01月22日

昨日の続きです。


エプソムカップで期待馬にやられ、その日の夜は3人でダービーの展望を検討。

実はその年は皐月賞も中山競馬場で観戦してました。
場所取りで精一杯だった為、アドマイヤベガの体重が?12キロという事も知らずにゴール前で観戦。今考えてもそれじゃあ無理だなって思います。軸で買ってたので、「知ってれば買わなかったのに」という思いで一杯でした。

その反省も含めて、アドマイヤベガの体重が10キロ以上増えてたら自分は買おうと決めました。ちなみにヤノケソはナリタトップロードからに決定。


次の朝、自分とヤノケソは時間通り起床。
もう1人の友達はというと全然起きる気配すらありません。結局置いていく事にしました。
前日にやられていたので、メインまでは少額で勝負・・・全部ハズレ。


そして運命の体重発表がきました。皐月賞よりプラス10キロ。
これでアドマイヤベガは軸に決定です。アドマイヤベガからナリタトップロードで8倍もつく美味しい馬券です。自分ももちろんこの馬券を買っているはずでした・・・この時点では。


レースが始まり予想通り最後の直線で3頭が抜けだしました。最後アドマイヤベガがナリタトップロードを差したところでゴールして2人でガッツポーズ。
で馬券はというとなぜか2人とも買ってませんでした。じゃああのガッツポーズは何だったんだと考えながらトボトボと帰りました。


体重を確認した時点で2点(トップロードとオペラオー)だけ買えば当たる簡単なレースだったと思います。

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。